はなぶろ 【文庫】マッチメイク 忍者ブログ
日記からレビュー、試行錯誤含め行き当たりばったりなブログです。
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





実は…そもそもアフィリエイト、つかアマゾンアソシエイトをやる羽目になった
きっかけに某Webサイトがありまして。

そっちで既に紹介している作品ですが…まぁこっちのはなぶろを私のメインDBに
したいという野望もあるので、とりあえずこっちにも載せておこーかと。



=========================================

タイトル:マッチメイク
著者:不知火京介
出版:講談社文庫

=================あらすじ=================

主人公は元柔道選手の新人プロレスラー、山田聡。
聡が所属する団体「新大阪プロレス」のある興行時、総帥である「ダリウス佐々木」が試合中に毒殺されてしまう。

奇しくもその日は聡の誕生日。
試合の直前、佐々木は聡に「誕生日プレゼント」と称して自分の引退を伝える。


引退=自殺?


単純に考えるとそうなるが、それにしては不可解な点もある。

同期の本庄と共に仕事と練習の合間を縫って犯人捜しを続けるが、そんな時に第二の悲劇が……


=========================================


●ミステリは好きですがプロレスには全く興味がない。
●プロレスにはうるさいがミステリとか好きじゃない。

どちらにもオススメなのがこの「マッチメイク」です。

マッチメイクという言葉自体、プロレスに興味ない私には聞き覚えがない単語でしたが
読み進むうちに『なるほろ』と思う。
(しかしホント、プロの方のタイトルセンスって秀逸よねぇ…)



ただ強くなりたい。
それだけを考えて入門した聡だが、やっていくうちに当たり前にプロレス界の現実を知る。
色々とショックを受けたりしながらも、それでもやっぱりプロレスしかないと考える
若きプロレスラー。

聡が精神的かつ肉体的に成長して行くサマと、絡み合う謎、そしてその解けて行くサマ。
あと、ラストシーンに向けての盛り上がりに引き込まれました。


オチもキレイにまとまっていて、若干寂しさを感じさせるものの
それもまたかなり高く評価したい。

そんな作品です。


時々見ている夜中のプロレス番組、今度からまた違った視点で楽しめそうです。



マッチメイク
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 45  44  35  32  33  31  30  29  28  27  25 
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓こっちはのべつ幕無し↓
ブログ内検索
最新コメント
[05/12 backlink service]
[03/17 札幌のイラストレーター、ポロポロポロ]
[11/13 NEX-C3]
[01/18 Arnoldtweree]
[01/17 MichalAgople]
最近撮った写真ども


リバーシ♪
詳しい説明はコチラら☆
QRコード
携帯からの閲覧にはコチラをご利用ください♪
アクセス解析
プロフィール
HN:
rietaroo
性別:
女性
自己紹介:

なんか…自分自身興味がなくもないってのと、仕事上でちょっと知識必要かも?ってのを背景に開設しました。

ライターとかデザイナーとかゆーお仕事の末席の端っこにいるよーないないよーな…そんな感じですが内容はただの日記です。

about me

忍者ブログ [PR]