はなぶろ 突然ですがお酒の話 忍者ブログ
日記からレビュー、試行錯誤含め行き当たりばったりなブログです。
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



もう完璧に時効なので言いますが
生まれて初めて…酒を呑んだと言えるのは
小学校三年生の時。

大阪で最も(もしかしたら日本でか)
治安が悪いと評判のN区で生まれ育っているので
小さい時から近所に立ち飲み屋はいっぱいあった。

仕事を終えた親父サマーがとりあえず道具だけ置いて
近所の立ち飲み屋に行く。
幼き私はおとん大好き☆だった(今でも大好き)ので
お風呂は親父とでないとヤだ。

じゃあ迎えに行っておいで。

母上に言われて立ち飲み屋に走り、作業着のまんまの親父や
その他オッサンが酸っぱい感じになってる中をぬって
(おっちゃんらの足が木のようで、そこをちょろちょろ行ってた覚えがある)
「おとーさん、お風呂行こー」
とか。






……何だ私。めっちゃカワイイじゃんコレ。
今甥っ子にやられたら鼻血出るぞおい。
やだ、私にもカワイイ時代があったのね。よかったわ。




先日、やたら月の明るい夜だったので真夜中に不審者のように外で写真撮りまくった。
雲がすごい印象的に写ってE420を近く感じた1枚です。






…ま、それはいい。

そんななので小さい時はよく
パチンコ屋やら雀荘やらにも行ってました。

そんなこんなで育って小学校三年生。
塾の帰りに何気に覗いた一杯飲み屋に親父とそのご友人の姿を認め
「おとーさん何してんのー?…私もご飯食べる♪」
と、お子様がのそのそ入っていった。
(後に高校までご一緒する友人と一緒に)


当時の私は肉以外食わぬお子様だったので
とりあえず焼き鳥とか食ってたら
酔っ払った親父とそのご友人方が
「お前そろそろ帰れ、ここは酒飲むところや」
「ビールも飲まれへんような子供は早よ帰れ~」
とか言い出したのですよ。

奇しくもそん時、誰かが注文した生中が来た。

「呑めるよ」
「ウソこけ」
「呑む」

つってがっと呑みました。

一気に半分ほど飲みましたところ、
周りの大人に羽交い絞めにして止められた。



そんでとにかく私と友人は店から追い出されましたが
フツーに2人で家まで帰りました。



その時のビールの味とゆーのは
なんつーかもう、苦い。苦い炭酸。
でも呑めないワケじゃない。


……当時の私はお子様だったもので
大人にできることは子供のほうができる
と根拠もなく思い込んでましたの。
(今でも根拠なく思ってるけど)

んだから、

大人がビールを飲めるのなら私にも飲めるさ。
あの味がわかる時がきっとくるさ。
頑張れ私。






とか。

色々、今、ちょっとだけ常識を覚えて思うに
私の人生には間違いポイントが幾つかある。

幾つかってゆーか、多すぎてもう修正は無理な状態ですが
間違いなくあの夜のソレは間違いポイントのひとつだった
とゆーことを何となく自覚してきた昨今です。






あぁ、また前フリが長い。すんません。

何が言いたいのかとゆーと、それが私とビールの出会いで
今でも普通にビールは飲んでますが
口当たりがイイのとポピュラーだってのを除けば
別に強いてビール(発泡酒含む)にする必要はなく。

むしろ腹いっぱいになるからビールは避けたい。
(って言っても呑むけどね)


昨今はもっぱら焼酎ロックですが
それまではしばらくの間、ワインにハマってたのですよ。


ワイン。



……何かコ洒落たとゆーかスカした香りもしますが
洋酒ではかなり痛い目にあってきたし
カクテルだって本当のバーで飲んだら侮れぬ。
とりあえずアルコール分がある程度わかり
どれぐらい呑んだらどうなるかの目安がある酒として
ワインはとても手っ取り早い飲み物でしたん。


つってもお高いワインではなく
いわゆるカジュアルワインとゆーヤツがメインですよ。

カジュアルワインとか言うとこれまたスカした香りですが
呑むに焦点を当てている人間が飲むのは
味より名前より値段が重要。(会社の酒飲みIちゃんも同意見だし)

最低限として飲みやすい種類(といってもカベルネかメルローかぐらいな)を覚え
ボトルじゃなくダンボールの箱のヤツで買って部屋に常備したりしてましたん。



でもね。
ワインって1回開けたら1本飲まなきゃ。
保存可な箱のやつはリットル入ってるけど
それでも何だかんだいってやっぱコストがね。

うん。

お金がかかるんだよねワインは。
ちょっと良いのを呑んじゃったらもう。

1日1本の半分としても週に3本から4本は要る計算で
すると月に15本ぐらい。
1本1000円としても1万5000円が実にかかるわけです。


のんのの。



……んで次は日本酒にハマりましたが……


アレはねぇ。
アレは。

旨いけど怖い。
足に来る。
あっとゆーまに足に来る。

そんな呑んだつもりはなくても
ふと立ち上がろうとした時が罠ですよ。
エコノミー症候群みたいな原理…かどうかは知らんが
立ち上がろうとした瞬間、んぶぉっと一気に
アルコールが身体中を駆け巡る感じ。

で脳みそがぐるぐるしてバタンと。


…椅子から転げ落ちる率は日本酒呑んだ時が一番高い。






そいで。
そいで、それまでアカンかった焼酎が
やっとこさ爆飲めるようになって現在に至りますわけです。










えーと。そんでやっと今日の本題。

斯様な感じで私はここしばらく、
友人と騒ぐ時以外は特にワインを飲んでなかったんですが。




今日、会社でワインの大安売りがありましてね。
小売価格がナンボかは知りませんが
とりあえず1本500円とかであったので
わーい♪
って、とりあえず5本ほど買ったんですよ。

……奄美で買った焼酎ももうなくなりそうですしなぁ…



んで、5本を一気に持って帰るのは重いので
今日はとりあえず1本。


んで、何か久しぶりだし。
明日も仕事だが、まぁ半分残して明日飲むぐらいなら良いだろう。

と思って栓を抜きました。





が。






えーーーー。
なんつーか、焼酎はね。
焼酎は、ロックでも一口飲んだ時に
ちょっと熱いモノが喉を通るんですよ。
で、口が飽きてきた時に酔いが回ってる感じ。で、寝る。



しかしワインってのは…
口当たり、喉越しがぬるん。
渋いジュースを飲んでいるような感じ。

フツーに煙草吸いながらぱかぱか飲める。











………このボトルは今日と明日の分。
と思ってましたが、もうなくなりそうです。

そして今現在、すんげぇ酔いが回ってます。
うわーーーーー。



ワイン怖ぇ。
久しぶりに飲んだけどやっぱ怖ぇぇ。



先日の短大ずクリスマス会で飲んでましたが
どーーりで焼酎ロックに移って2杯目でぐらぐら来たワケだ。

ワイン怖ぇ。









改めてワインの威力には驚かされている夜です。




そんなわけなので今宵はこの辺で寝ます。
…本当は奄美の日記もあるけど、
久々にちょっと面白いWebサービスをみつけたので
そのご紹介もやりたいと思っておったのでございますが
もう今日は無理だ。

まぁ週末……明日は何か知らんが甥っ子1号が泊まりにくるらしく
明後日は友人と忘年会、明々後日の日曜日は1号2号の面倒を見るために
妹宅に行かなアカン羽目になってますが
ま、スキを見てまたご紹介していきまする。


つーことで、今宵はこのへんで。
…アメトーク見て寝ます。ではー。






部屋のワインオープナーがかなりアウトになってきた。
そういえば赤ワインを飲んで吐いた時のブツの色は衝撃的……



PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 613  612  611  610  609  608  607  606  605  604  603 
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
↓こっちはのべつ幕無し↓
ブログ内検索
最新コメント
[05/12 backlink service]
[03/17 札幌のイラストレーター、ポロポロポロ]
[11/13 NEX-C3]
[01/18 Arnoldtweree]
[01/17 MichalAgople]
最近撮った写真ども


リバーシ♪
詳しい説明はコチラら☆
QRコード
携帯からの閲覧にはコチラをご利用ください♪
アクセス解析
プロフィール
HN:
rietaroo
性別:
女性
自己紹介:

なんか…自分自身興味がなくもないってのと、仕事上でちょっと知識必要かも?ってのを背景に開設しました。

ライターとかデザイナーとかゆーお仕事の末席の端っこにいるよーないないよーな…そんな感じですが内容はただの日記です。

about me

忍者ブログ [PR]