はなぶろ 【文庫】仔羊の巣 忍者ブログ
日記からレビュー、試行錯誤含め行き当たりばったりなブログです。
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




1冊目について書いてスグなので
取り急ぎ読んでる2冊目のほーについても
書いておきます。

ってことで先日書いた【青空の卵】のシリーズ第二弾
仔羊の巣 (創元推理文庫)のレビューですん。


=========================================

タイトル:仔羊の巣
著者:坂木 司
出版:創元推理文庫

=================あらすじ================
ひきこもり気味の友人「鳥井真一」と僕「坂木司」。
前作【青空の卵】の最初の話から1年後の、
夏〜冬にかけての物語3編がつづられる。


勤め先の同僚達と、同僚を越えて友人になろうとしている坂木。
坂木以外の人間とも少しづつコミュニケートし始める鳥井。

【青空の卵】収録の各話で出逢った
元かんざし職人の好々爺を始めとする老若男女に
坂木の同僚や男子中学生、女子高生も加わり
閉じていた世界が少しづつ放たれて行く。

=========================================












改めてもっかい、【青空の卵】と【仔羊の巣】を読んでみると

……やっぱミステリ色が薄いよーな気がする?


とはいえ、別にソレが悪いわけじゃなく
各々の話はかなり秀逸ないち作品に仕上がってると思います。



もっかい言いますが改めて読んでみると
目先にぶらさがってる小さな謎をすっとばし
何か別の…ミステリでもホラーでもない別の
なんかまた色の違う話が滔々と進んで行ってるよーな……
そんな感じでしょーか。




………だから3冊目までとっとと読めよ。


ってのは自分で自分に言い聞かせてるセリフでもあるので
ちょっと放置しておいてください。

なんてゆーか
今の段階でレビューとか言うてる場合じゃないよな気がする。




明日…リアルで明日ちょっと梅田の阪急のほーに出るので
時間があったらあのデカい本屋で続き買います。





いやぁ、小説って本当に面白いよねぇ。
みたいな感じで…またもやお茶を濁して失礼しまっす。





PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 219  218  217  216  215  214  213  212  211  210  209 
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓こっちはのべつ幕無し↓
ブログ内検索
最新コメント
[05/12 backlink service]
[03/17 札幌のイラストレーター、ポロポロポロ]
[11/13 NEX-C3]
[01/18 Arnoldtweree]
[01/17 MichalAgople]
最近撮った写真ども


リバーシ♪
詳しい説明はコチラら☆
QRコード
携帯からの閲覧にはコチラをご利用ください♪
アクセス解析
プロフィール
HN:
rietaroo
性別:
女性
自己紹介:

なんか…自分自身興味がなくもないってのと、仕事上でちょっと知識必要かも?ってのを背景に開設しました。

ライターとかデザイナーとかゆーお仕事の末席の端っこにいるよーないないよーな…そんな感じですが内容はただの日記です。

about me

忍者ブログ [PR]