はなぶろ 【立ち寄り湯】太子温泉 忍者ブログ
日記からレビュー、試行錯誤含め行き当たりばったりなブログです。
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんか…例年になくぬっくいせいか、はたまた色々あって金がないのでスノボに行けなくなってるせいかは定かじゃありませんが。
先週に続いて今週も。

また突然温泉行きたいとか思いましてね。


こんな毎週行くのって免許取り立ての頃以来じゃないかしら?…とか思いつつ行ってきました【太子温泉】。


もうここは、何度目だろう?とゆーぐらいかなり行ってるトコロです。

最近では…夏頃に「蛍狩り」というイベントを行うことを知り。
張り切って行ったものの、かなりの人が押し寄せていて「こらアカン」と入浴せずに帰宅したってのが最後だったでしょーか。

まぁでも自宅から2時間以内で辿り着けるし、別に深い山奥じゃないけど「何か深い山奥っぽい」感じが楽しめる露天風呂だしってことで本日行くに至りました。


もーマジで何度も行ったし何度も色んな所で書いてきたので自分の中でかなり“今更感”があるのですがせっかくなのでもーいっかい書いとこ、とゆーワケですわ。



やっぱ一番の良さは、前述のとーり。
何か深い山奥っぽい感じが楽しめる露天風呂 と、私は思っております。


当たり前に女湯のことしか知りませんが、露天ゾーンは横長になってて右から大き目の浴槽、真ん中に正方形っぽくて3〜4人入れば満タンになる浴槽、そして左端が1人用の寝風呂という構成。
(ちなみに以前は寝風呂が2個あったように覚えておりましたがいつの間にか1個になってた)

内風呂のほうは、横長になってる幅の半分ぐらいまでを占めるかなり大きめな浴槽が右手にあり、左手には少し小さめの浴槽。
あと右手の手前には小さな水風呂とサウナもあります。

※右とか左とかというのは、入口はいった所から見ての方向ス。



露天ゾーンは山に面していて、HPのトップページにもある温泉マークがうっすら見える。
(……これもまた昔は真下がかなりな川やったんですが、いつの間にかコブリな川になってます)


まぁ大阪市内から気軽に来れる距離でロケーションもなかなか、温泉の質も悪くない。
ってのが、よく行く一番の理由でしょうか。

お泊まり施設もあり湯治にはぴったりの温泉ですが、丸一日立ち寄り湯可能です。
入浴料金は平日/土日祝および昼間(8時〜17時)/夜間(17時〜21時半)で異なり、大人の場合で昼間が平日900円/土日祝1,000円、夜間が平日600円、土日祝700円。
私は主に土日祝の夜間ばっかりですね。

ただちょっとアレなのが…浴槽が広い分、洗い場が少な目。
確かカランは7〜8つしかないので、17時過ぎてスグから19時頃は並んだり湯船から空きを狙ってじりじりする必要があります。ご注意を★



しかしやっぱ日曜日は温泉だよなぁ…としみじみ。
これで「明日から仕事がんばりませうー」とか思えますん♪

今日も良い湯でございましたわ♪♪



何故か入口に激しいスポットライトがあり、夜間はどーしても写真をしくじり気味です。





【太子温泉】 http://taishi-onsen.com/
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  7 
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
↓こっちはのべつ幕無し↓
ブログ内検索
最新コメント
[05/12 backlink service]
[03/17 札幌のイラストレーター、ポロポロポロ]
[11/13 NEX-C3]
[01/18 Arnoldtweree]
[01/17 MichalAgople]
最近撮った写真ども


リバーシ♪
詳しい説明はコチラら☆
QRコード
携帯からの閲覧にはコチラをご利用ください♪
アクセス解析
プロフィール
HN:
rietaroo
性別:
女性
自己紹介:

なんか…自分自身興味がなくもないってのと、仕事上でちょっと知識必要かも?ってのを背景に開設しました。

ライターとかデザイナーとかゆーお仕事の末席の端っこにいるよーないないよーな…そんな感じですが内容はただの日記です。

about me

忍者ブログ [PR]