はなぶろ 【文庫】顔のない男 忍者ブログ
日記からレビュー、試行錯誤含め行き当たりばったりなブログです。
Admin / Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




=========================================

タイトル:顔のない男
著者:北森 鴻
出版:文春文庫

=================あらすじ=================
多摩川沿いの公園で惨殺死体となって発見された「空木精作」。

原口と又吉、2人の刑事はその足取りを追うが
空木は周辺住民はもとより、誰とも接点・交流を持たずに
生きてきた人間だった。

捜査の途中でみつけた空木のノートを調べるうちに
2人は次々と事件に巻き込まれて行く。

空木を殺したのは誰か?
そして空木とは一体何者だったのか?
そしてその黒幕は…
=========================================






先日またちょっと書いてましたが
前ーに読んで放置プレイ中だった文庫を
大量に発見してしまったため、慌てて記録中です。

で、読んでた時は特に意識してなかったですが
コレも北森 鴻じゃん!と気付き、取り急ぎ
こっからスタートです。



はい閑話休題。

最初に読んだ時は
えらいこと交錯しまくる話やなーー
というのが感想でしたが
改めて読んでみるとかなり面白い。

これは1回読んだだけじゃ
なかなか面白さを味わえないタイプ
の作品なのだなと思いました。


空木の捜査をベースに、2人組の刑事が
次々に別の事件にブチあたっていく、という
一見短編集のような作りながら
長編ミステリとしての面白さも充分に内包してる。

犯人とゆーか黒幕を当てるだけってのに
焦点を絞ってると、楽しめないと思います。
でも登場人物もかなり多めやし…

うーぬ。
やっぱコレ、読み返すほどに(MAX何回かとかは不明ですが)
面白さがじわっと来る作品と思います。


…… 香菜里屋らしきお店もちょこっと出てくるし☆




顔のない男 (文春文庫)







多分ビブリーに出すので…
残念ながらちょっと汚してしまった個所の写真をアップしておきます。












PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
HOME | 271  270  269  268  267  266  265  264  263  262  261 
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓こっちはのべつ幕無し↓
ブログ内検索
最新コメント
[05/12 backlink service]
[03/17 札幌のイラストレーター、ポロポロポロ]
[11/13 NEX-C3]
[01/18 Arnoldtweree]
[01/17 MichalAgople]
最近撮った写真ども


リバーシ♪
詳しい説明はコチラら☆
QRコード
携帯からの閲覧にはコチラをご利用ください♪
アクセス解析
プロフィール
HN:
rietaroo
性別:
女性
自己紹介:

なんか…自分自身興味がなくもないってのと、仕事上でちょっと知識必要かも?ってのを背景に開設しました。

ライターとかデザイナーとかゆーお仕事の末席の端っこにいるよーないないよーな…そんな感じですが内容はただの日記です。

about me

忍者ブログ [PR]